身体の負担が少ない美容施術【ボトックスエラ注射は簡単にできる】

サイトメニュー

原因をはっきりとさせる

注射器

患部の圧迫を避ける

ボトックスを受ける時には事前にエラの部分の状態を詳しく見るためにカウンセリングを受けます。この時に体質やアレルギーの有無などを調べますが、最も重要なことはボトックスを使って小顔効果を出すことができるかどうかです。エラが張っている顔型の場合には筋肉によるもの以外に骨格が原因のこともあれば脂肪がつき過ぎていることもあります。その場合にはボトックスを注入してもエラ張りが改善する可能性が低く、効果が十分に感じられないかもしれません。ボトックスが作用を出すことができるのは筋肉のみなので、筋肉が原因で顔が大きく見えているかどうかを専門の知識をもつ医師に診てもらいましょう。自分一人では筋肉が原因なのか他の原因があるのかを知ることが難しいので、医師の診察を受けることとアドバイスを参考にして施術内容を決めましょう。原因によっては他の施術をすすめられることもありますし、いくつかの薬剤を使った治療を同時に受けることになるかもしれません。自分で考えていた予定と違う結果になってしまうかもしれませんが、医師は知識だけでなくたくさんの経験をしてきているのでアドバイスを受け入れて柔軟に判断するようにしましょう。医師が最適な治療を提案してくれるはずです。ボトックスエラを受けた後はすぐにメイクをして帰宅することができます。いつも通りに過ごせるとはいえ、注射をした部位は強く抑えつけないようにしなくてはいけません。施術直後にメイクをすることはできても針を刺した部分はしばらく触らないほうが良いのでメイクをせずに帰宅することになります。エラの部分だけであればメイクができなくてもそこまで不便を感じることはないでしょうが、気付かないうちに触ってしまうと圧迫をしてしまうことがあるので十分に注意をしておきます。他の場所のメイクをする時や、洗顔をした時などに圧迫を加えがちなので、常に意識をして圧迫を避けられるようにします。注入をしてからしばらくの間は皮膚の下に薬剤がある状態で、体に吸収されていません。ボトックスは体に入ってから徐々に細胞に給されてそれから効果を出すので、その前に圧迫をしてしまうと薬剤の位置を移動させてしまいます。注入場所を違うところで吸収をされてしまえば、狙った効果は出せなくなりますし、副作用として他の場所の筋肉が動かなくなります。一度でも動いてしまうと元の場所には戻せなくなるので、施術直後から2日間ほどは圧迫を避けて生活をしましょう。寝る時にうつぶせで寝ることも避けたいことのひとつです。