身体の負担が少ない美容施術【ボトックスエラ注射は簡単にできる】

サイトメニュー

美容治療でステキに改善

顔に触れる女性

だから人気がある

美顔ローラーやフェイスバンドなど、巷に溢れる数々の小顔グッズを一生懸命使っても、希望通りにエラが引っ込まない場合があります。そんな頑固なビッグフェイスも、注射1つでスマートフェイスになれると話題を呼んでいるのが、人気急上昇中のボトックス施術です。この美容整形治療ではビッグフェイスの原因である咬筋へダイレクトにアプローチして、その増大した筋肉を小さくしてくれます。この筋肉は顔面筋の中でもひときわ大きく、エラ骨が出ているように見えても、本当はこの筋肉が張り出していることが少なくないのです。また、顔面筋とはいえ筋肉ですから、鍛えればそれに応えるように大きく肥大していきます。小顔グッズでは筋肉を鍛えて脂肪を燃焼させるタイプもありますが、その際に咬筋も一緒に鍛えてしまえば、かえってエラが張る原因になるかもしれません。ですが、ボトックスの小顔施術なら確実に咬筋の体積を減らしてくれるので、人気がある訳です。そして、この治療が人々から支持されている理由には、全てにおいて手軽である点も挙げられます。例えば、施術はボトックスを注射器でエラに打つだけで済むため、整形治療と言いましても顔にメスを入れる必要は一切ありません。このため数分もあれば打ち終わり、術後は即化粧ができるなど、ダウンタイムと呼べるものもないのです。グッズではエラが小さくならず、メディカルアプローチで改善したい時は、ボトックスのエラ治療を提供する美容整形外科を探しましょう。もっともこの施術は小顔整形のフラグシップ的な治療ですから、現在では大半の美容クリニックで受けられます。ですがそれだけに医師の腕前に差があるため、治療先はジックリと選び抜かなければなりません。そこで選別基準にすると良いのが、ボトックスのエラ治療に対する技術と経験の多さです。極端に例えますと、新人の医者が初めてボトックス注射を行うという場合と、これまで何百、何千という治療を重ねてきた熟練医では、結果が違うのも容易に想像できます。予防接種のようにある程度決まった量を打つだけなら大きな違いはないかもしれませんが、ボトックスの小顔施術では各患者に合わせて最適な量を打たねばなりません。場合によっては0.01mlという微細な単位での調節が必要になるなど、自然な印象の小顔へ仕上げるには、ドクターの十分な経験と的確な判断が不可欠になっています。しかも各患者の要望に沿った小顔にするには、位置と深さも間違わずに打たねばならず、患者からすれば実に手軽な施術でも、医師には熟達した高度な技術が求められるのです。